ぜひともベッドでセフレとして一戦を交えたいアスリートは誰?

ぜひともベッドでセフレとして一戦を交えたいアスリートは誰?

私自身、スポーツというものをそれほど熱心には見ないので、セフレにしたいアスリートを考えろと言われれば、少々頭を抱えてしまいます。

はっきり言って、私よりもはるかにその方面に通じている人がブログか何かで意見を述べている可能性が高いので、お時間が許す限りそちらを参照していただきたいと思います。

ただ、私だって何も情報を得ていないわけではないのですよ。

とりわけ、最近は体操の田中理恵選手がやたらととり立たされましたよね。

多くの人が騒いでいるので、さてどれほどの美人なのかと思って検索してみれば、確かに美人です。

アスリートには美人の方も多いですが、どちらかというとスタイルよりも体力を売りにしている多勢の中で、華奢な体格が非常に好感をもたれたわけです。

体操という競技が、彼女の魅力を引き立てるために一躍買ったことも否定できません。

なにしろ、体操のユニフォームといえば、けっこう大胆なデザインじゃないですか。

男性陣の体操着を見ても、申し訳ないことにむさくるしさしか感じませんが、女性のアレは格別ですよね。またのラインが非常にきわどい。

一説によれば、いわゆるハプニングショットを収めるために、カメラマンが必死の形相で彼女の演技を追いかけていたこともあるとか。

もしそんなものがカメラに収められたら、多方面の業者から買い注文が殺到して、カメラマンとしては御の字です。

しかしながら、選手本人も、そして周りのトレーナーたちも、彼女が魅力的な被写体になりえることは十分に理解していたようで、徹底してカメラマン対策を取っていたようです。

肌色の粘着テープで、また下のきわどいラインを完璧にガードする。

これは多くの選手がやっていることかもしれません。

実際、フィギュアスケートで活躍する選手たちも、似たような方法でカメラマン対策を取っていると聞いたことがあります。

さて、ここからは彼女たちをセフレとして妄想を膨らませ、頭の中で楽しんでください。

もし、そのテープが破れたら? いっそのこと、全部脱げたら?

いったん考え始めると興奮が収まらないのは、きっと私だけではないはずです。

鍛え抜かれた肉体をベッドに押し倒したら、けっこうすごい展開が待っていそうですね。

タイトルとURLをコピーしました